【コレコレ】虚偽の通報を受けた母親が告発したyoutuberは誰?活動終了決定!

YouTube

6月20日コレコレ生放送で中学生の女の子が虐待をされてるという相談をyoutuberのゲーム実況者が受けており児相に連絡された母親からyoutuberへの告発がありました。

とてもとてもデリケートな内容ですが、虐待は見逃せません。

しかし、実際には母親からも虐待を受けておらず、虚偽報告を受け母親がコレコレさんにそのyoutuberからへの告発がありました。

スポンサーリンク

母親からの時系列

6月6日 月曜日 夕方

警察から連絡がきて「虐待の通報があり娘さんを預かってます」と言われる

通報者は第三者であり娘さんの友人を名乗る方、という所までは教えて貰った

その後、家に警察がきて事実確認をされ1時間ほど話をして虐待の事実はないとわかってもらい警察が帰る

1時間後位に警察から電話がきて

児童相談所と相談し

虐待がないとわかりましたが、帰るのは娘さんの意思確認をしてからになります。

と言われる。

その後電話がきて「娘が帰りたくないと言っているので帰す事が出来ない」

と言われる

その2時間後

児相ではネット、スマホが使えないルールの為、帰りたいと言い出したと連絡がきて

迎えに来るよう言われる

19時半くらいに児相に到着し22時まで話合いをする

この時ネットを通じて知り合った人からの通報であった事がわかった

経緯を聞くとゲーム配信youberの30代男性2人で他県の人だった

虐待されてると嘘をつきLINEの交換をして前週の金曜日(6月3日)に

こっちの県まできて会ってた事がわかる(児相に一緒に行くつもりだったが児相に断られた)

会ってる時に勝手に写真も撮られている

娘は児相の人にもネットの危険性などを説明される

話でいくつも食い違いがあり娘がウソをついてたり隠してる事があったので児相からも謝られ家に帰る

スマホは管理し相手のLINEなどは消し必ずリビングで使う事、使わない時は

リビングの机に置く事、学校で使わない事、GPSアプリを入れる事を条件に使用可

6月7日

警察を通して相手の方に連絡を取らないで欲しいとお願いをする

了承してくれたがyoutubeのチャット欄は規制がないからそこはどうにも出来ないと言われる

6月12日 日曜 夕方

娘がswitchのモンハンをしているがソロプレイ(オンライン無課金)しか出来ないのにあまりにも進んでいるのが気になり部屋に行きチャット画面を開いているのを現行犯で見つける

オンラインが出来るようになっておりそこでyoutuber2人とやりとりを続けてたと分かる

オンラインのお金はどこから手に入れたかと聞くと5000円分向こうにお金を出してもらい1年契約をしたち娘から言われる(5月20日が1番古いオンライン記録だったので、この時かと思われる)

Switchとスマホは没収

6月13日 月曜日

警察に再度Swichなどでお金を払ってまで繋がるのは辞めて欲しい

それを黙ってた事も悪質だし約束を守って貰えてないと相談

警察を通じて再度連絡は取らないよう伝えて貰う

夕方

児相の人と自宅で面談

再度児相からもネットの危険性、犯罪に巻き込まれる等話してもらい

病院などを通じてカウンセリングを続けていく事、学校に様子を見に行ってもらう事を決める

(病院は娘が最初発達障害で通院していたが虚言や記憶障害などが重なり数年通院して継続中)

6月14日 火曜日 午前

警察から相手方にSwitchを通して連絡取らないようお願いしました

わかったと言ってましたが法的拘束力はないので自宅での管理を続けてくださいと言われる

スポンサーリンク

告発を受けたyoutuberは誰?

今回話になったyoutuberはインキャットプロジェクトのジャッカルさんと白鷺(しらさぎ)さんです。

残念ながらyoutubeの動画は全て削除されたようで全くみれませんでした。

インキャットプロジェクトの言い分

夜の配信時に母親からお酒を買ってこいと言われたと相談をうけた所から始まったようです。

そして部屋の外ドアに南京錠を付けられていて、地震の時にどうすればいいか分からないと相談されたそうです。

そこで尋常ではないと感じ親身に相談を受ける様になったようでした。

証拠の画像は、さすがに人に見られたくないだろうという事で受け取っていないという事でした。

暴力を受けたという相談も受けていたようで、手の傷も画像を貰ったそうです。

母親は手の甲の傷は寝ている時にドレッサーにぶつけてできた傷だという事を話してくれました。

そして母親は、お酒は飲めないし賃貸なので南京錠はつけれないと話してくれました。

大人なので、子供が危ない目にあったら動いちゃだめですか?

インキャットプロジェクトさんが

「大人なので、子供が危ない目にあったら動いちゃだめですか?」

とコレコレさんと母親に言っていました。

著者は大人としては当然の思いだとは思います。

ただ、ネット上での関係。

コレコレさんも相談を受けますが、必ずしも本当だとは限らないのでしっかり証拠を

集めてから放送します。

デリケートな問題の場合は念入りに証拠を集めているように思えます。

15歳の女の子に会いに行った

会いに行く前に児相の方がきたようで、その時に話せなかったので、一緒に電話しようと会いに行ったというのが、インキャットプロジェクトさんの言い分でした。

写真は通話された方の相方さんが撮ったようでした。

一緒に児相に電話をかけた後に「家に帰りたくない」

と言われ、近くの図書館へ行ったそうです。

LINEで大好きと送った

自己肯定感がないと感じ、自己肯定感を与える為に毎日配信に来てくれるし大好きだよと送ったと話してくれました。

30代の方が中学生(15歳)の子に送る内容ではないとコレコレさんは指摘していました。

きっと優しさでしたのでしょうが、15歳の女の子はまだまだ大人に憧れを持つもの。

そして毎回配信にくるほど、インキャットプロジェクトさんの事が好きだったと思います。

そういう方から、好きだよと送られてきたら勘違いしてしまいます。

5000円の報酬

ヘッダーとアイコンの絵を描いてくれたという事で5000円支払ったという事でした。

Switchでオンライン出来ていたというのはこの報酬でした。

女の子はもらうのは申し訳ないと最初言っていたそうですが、くれるというので貰ったと母親に話をしていました。

オンライン契約するのも1年でいいんじゃない?と答えていたようで、母親もそれは促していると怒っていました。

母親は連絡をして欲しくないのに連絡するすべを与えた事に怒りを感じていたように見えました。

スポンサーリンク

最後のLINEのやりとり

警察が入っても連絡を取り続けるインキャットプロジェクトさん。

最後のLINE

今は未成年という束縛に囚われているかもしれないけど成人したら絶対見つけ出すって約束する。

もし携帯、Switchが解禁されたらいつでも連絡がとれるようにずっと待ってるよ。

大好きだよ

とLINEをしてきたそうです。

虚偽通報

通報されると、母親は弱い立場になってしまいます。

放送に出られた母親は娘さんが通院している病院や機関などが助けてくれたそうで(虐待はしていない、子供の状態など話をしてくれた)子供と離れずにすみましたが、虚偽報告で子供と離れてしまう親もいます。

通報する場合は、しっかりと証拠を掴んでからのほうが周りに迷惑かけないですね。

今回の事がいい例ではないかと思います。

謝罪ツイートと配信活動終了

盗撮についても、ツイートをされていました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は娘さんのウソが事の発端だったのですが、病気なのでそこは仕方がないと思います。

インキャットプロジェクトさんも親切心で話を聞いていたのではないかと思います。

けれど、15歳の女の子に会いに行ったり、証拠もなく通報したりと母親からしてみたらとても迷惑行為だったのではないかと思います。

娘さんも禁止されればされるほど、抜け道を探そうとしているようにも思えました。

というのは、インキャットプロジェクトさんも生放送をしていた時に娘さんも配信にきていたという事がインキャットプロジェクトさんから言われたからです。

母親は買い与えていないのに何故なのか?と不思議そうでしたが、ふとvitaってオンラインが出来るんですか?と尋ねてきました。

プレステのVitaでオンラインが出来ると知らなくて渡していたそうです。

子供に渡す時にはしっかりと調べておいたほうがいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
YouTube
スポンサーリンク
トモをフォローする
tomoblog

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました